脱毛を生理前に受けるときに気を付けたいこと

生理前に脱毛を行った場合、お肌にトラブルが起こる場合もあります。

まず、生理前になると、ホルモンの分泌の状態が大きく変化してくるため、体や精神面の状態も不安定になりがちです。

人によって違いはあるものの、多くの女性が精神的にイライラしやすくなったり、お腹が痛くなったり頭痛を感じやすくなってくるのです。

このように、心身の状態が大きく変化してしまう時に脱毛を行うことにより、肌にトラブルが起こりやすくなってしまうのです。

ホルモンの分泌はお肌の状態を大きく変える

特に、ホルモンの分泌によって、お肌の状態は大きな影響を受けることになります。

普段お肌が丈夫という方も、生理前になるといつも使用している化粧品がしみてしまったり肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

脱毛では、レーザーや光といった特殊な波長で施術を行っていくのですが、いつもであればお肌も反応しなくても、生理前の敏感な状態で施術を行うことで、炎症なども生じやすくなってしまうのです。

また、お肌が不安定な状態で脱毛を行えば、シミの発生も呼び込んでしまいます。

レーザーや光の刺激に耐えられる状態でないときに脱毛を行うことで、レーザを照射した部分に色素沈着が起こってしまっては、きれいになることはできません。

脱毛は生理用の予定を見てから施術日を決めよう

脱毛を行いたいと考えたときには、生理の予定を鑑みて施術を行う日にちを決めていくとよいでしょう。

仕事の関係などでスケジュールが組みにくいという時、時間が空いたときに施術を受けてしまおうかと思ってしまいますが、生理前に脱毛することで思わぬトラブルが起こってくる場合もあります。

生理前しか脱毛できないという場合には、その日に施術を受けるのではなく、改めて体調の安定しているときに脱毛を行うようにしましょう。

 

★★★サイト改善のための簡単なアンケート(約1~2分)にご協力ください★★★

サイト改善のためのアンケートへのご協力者を募集中です。抽選でクオカードプレゼント中!
ご協力くださる方はこちらから、回答をお願いします。

脱毛と生理に関するアンケート

サブコンテンツ

このページの先頭へ